声を出す行無害な善性ではなく

声を使いがちになってしまうのです 声を出すというよりも声を口蓋で待機させる感覚です。·普段から良い姿勢でいることが歌の練習で大切です。歌う時になって良い姿勢を作ろうとすると筋肉が緊張しやすくなります。·おなかを使って声を […]

Read More 声を出す行無害な善性ではなく
5月 4, 2018

タグ: , ,

声時に適切に反応してくれません声の支えについて良い

声の焦点を探すと良いです 聴くに耐えない雑音のようなストリートは、その近隣の住人と他のストリート·ミュージシャンの迷惑になります。勇気は買いますが残念です。@喉を潰しているマイクを使わずに生声で歌うストリートでは本当の意 […]

Read More 声時に適切に反応してくれません声の支えについて良い

声は肩甲骨周りを柔軟にしておくと良いです

声の実験とか 自分をほめる歌うことが苦痛にならないためには達成感を味わおうナ2たメンタルコントロールダメなところを見つけて、そこを直していぐ.....。そういう考え方のトレーニング方法もありますが、これだとどんどん歌うこ […]

Read More 声は肩甲骨周りを柔軟にしておくと良いです

声を出すことが

声の基礎になるテクニックです 自分の声というのは、自分だけが、生でリアルタイムで聞くことのできないものです。自分が出している声は、内耳を通っていますから、他の人が聞いている声と違います。この声を正しく判断するのは、最終的 […]

Read More 声を出すことが
2月 3, 2018

タグ: ,

声でそのまま

声を出そうとしか考えていない人が多いものです コツはこのアウターマッスルの力を抜いて、インナーマッスルを使うことです。この喉頭のアウターマッスルは目で見ても、その動きを感じることができます。歌った時に、喉頭がものすごく上 […]

Read More 声でそのまま

声はしぜんに出るようになっているのです

歌ったら血行が良くなり肩凝りがとれたというような身体の使い方が理想的です ★母音歌唱(ヴォーカライズ)適宜、記された音符に従って基本5母音(ア·イ·ウ·エ·オ)で発声練習をすることこと。母音の純化(他の母音が混ざらない明 […]

Read More 声はしぜんに出るようになっているのです