声の要素はその多くが直前の呼吸の質に由来するため

声が出るものです 母音にのみ「音の高さ」があり、子音は破裂や摩擦の「音」そのものと解釈すると良いです。少し制限されたスペースとして意識すると安定した声になります。発声時の口腔や咽頭·喉頭は、「広さ」からではなく「狭さから […]

続きを読む 声の要素はその多くが直前の呼吸の質に由来するため
6月 20, 2018

タグ: , ,

歌ったものが多いくらいです

小歌うところがあれば高く評価される声量をかえるとさらに良い 使っていることば自体も、「上すぎかるから、少し下」というように、声のイメージマップを描きながら調整していくのです。二人の中で意味づけをしていくわけです。声とこと […]

続きを読む 歌ったものが多いくらいです
5月 10, 2018

タグ: ,

声の焦点を探すと良いです

歌ってごらん ストレッチをしている間は深呼吸をゆっくりと。肩、肩甲骨を柔らかく声に生気が無くなったら血行を促進しよう肩の上下ストレッチ肩を上げて20秒キープ肩をゆっくり下ろす声に効くストレッチ肩回しひじを肩の高さにして腕 […]

続きを読む 声の焦点を探すと良いです

声をしっかりと聞いたことがありますか

声練習は日本語ではなく 残念なヘッド·ボイス残念発ヘッド·ボイスは高音発声に欠かせない重要な発声です。これに関しては2002年に『高い声で歌える本』で詳しく書いたところ、ありがたいことにたいへん大きな反響をいただききまし […]

続きを読む 声をしっかりと聞いたことがありますか
3月 9, 2018

タグ: , ,

声を咽頭上部で圧縮している感覚があると良いです

歌っていれば 高い音で息を止めるなのどが締まって出なくなるというのが、一般的な日本人だと思っています。高い音になるにしたがって、声がカン高く細くなるのです。そのときの息に注意してみてください。息が弱くなり、あるところから […]

続きを読む 声を咽頭上部で圧縮している感覚があると良いです

歌いましょう

声を科学的に捉え 歌やせりふは、楽器がいるわけではありません。体一つで通用するとしたら、それは体そのもので差がついているからです。プロはプロの体をもたなくてはいけないことがわかります。その体から出る声だからプロの声となり […]

続きを読む 歌いましょう
1月 18, 2018

タグ: , ,