NISAとは投資した金額が最大で500万円まで非課税になる制度ですが、上手に活用するためには低コストの資産運用を心がけることがポイントです。特に投資の経験が浅い人から豊富な人まで幅広く活用している商品に投資信託がありますが、その中でも買い付け手数料無料のノーロード型の投資信託を選ぶメリットが大きいのです。更に投資信託の運用では信託報酬というコストが必要になりますが、特に割安なコストの投資信託を選ぶときには、アクティブ型ではなくてインデックス型の商品を選ぶべきです。インデックス型は運用コストが割安であるので、NISAを活用して長期投資を行うときには、資産を大きく成長させることができるのです。また株価指数や債券指数などの指標に基づいた運用が行われているので、誰にでも商品の仕組みがわかりやすいという魅力もあります。また低コストでの運用を考えるときには、ETFを利用する方法もあるのです。ETFはインデックス型の投資信託よりも運用コストが割安であり、しかも株式と同様にリアルタイムで売買を行えるのです。しかも定期的に分配金が受け取れるETFの銘柄もあるので、年金と同じような感覚で分配金を受け取りたいと考える高齢者にも適しています。そして投資信託やETFへの投資を行うときには、個別の証券会社によって手数料が異なるので、料金体系を比較しながらお得な証券会社でNISAの口座を開設する方法もあるのです。