歌うたうけれども

声が聴こえやすかったらマイク乗りが良い

また残念なこと理論派ボイス·トレーナーの中には時代遅れで間違った理論に基づいて指導している方も珍しくありません。それは単純な機械的解剖学的な考察のみに留まっている理論です。そうではなくて流体力学的、物理学的、音響学的な考察まで織り込まれた最新の理論にもとづかなければ正しい指導はできません。そんな残念な時代遅れの理論派トレーナーは「声は呼吸で生まれるのだから、腹筋を鍛えて吐く息を強くすれば高音は出せるのだ!」などと明らかに間違っていることを指導しています。これは真に受けたら喉を潰しかねない誤った指導です。

実際に自分の生徒が何人も声を潰しているのを目の当たリにしても、本人は自分を科学的に正しいと信じきっているので、指導方法をまったく省みることがありません。喉を潰すのは生徒の発声の仕方が悪かったり、先生の言いつけを守らずに生徒が自主練習時間を無謀に長くしすぎたりしたのが原因だと片付けてしまうのです。残念発上達する理論派ボイトレ良い理論派のトレーナーは、科学的事実というものは新たな発残念なヴォーカルが上手くなる40の方法。見によって、日々塗り替えられていくものだということをよく知っています。そのために常に最新の理論にアンテナを張って自分の発声理論が時代遅れの間違ったものにならないように気を付けています生徒の適性を見抜き、科学的な説明が向いていない生徒には、感覚的に理解できるような内容に切り替えて説明することができます。

歌の上手い下手に関わらず本気で楽しんでいこう


声と魅力的な声でプロと思わせるような

そこで基本を学んで活躍している人もいるからです。しかし、それも含めて、によりかかってきたし、よりかかっているだけではないのでしょうか。ミュージカル俳優の歌などに、それが強く現れているように思います。それだけの前準備もしていない私が問題にしたいのは、音楽スクールにおいて、音大のようなことが、さらに低次元で行なわれていることです。音大生が四年間かかってできないことを、人が何か得られるだろうかということです。

声になります

これは年月でなく、最初の方向から違うのではないかということです。0声楽のノウハウ声楽家となるのに、音楽大学の4年間は、若いこともあって基本のまた基本づくりといったところです。呼吸法、発声、語学と、歌の基本に終始するわけです。こういう4年間を、計画的に学べるという点では、羨ましい限りです。音大の学生で20歳くらいですから、声帯という楽器の完成度でいうなら、卒業時にようやくスタートラインに立てたというところです。


声を合わせるときは

歌うとよく響いた

アスリートにも近い体の使い方をして、しかも声帯という微妙な楽器を効果的に活かさなくてはいけません。並通りのことで通じるようになると思う0パワーあってこそ調整もできるそれをまわりから力で押さえてはいけないから、力を抜くのです。それは、ひびかせるための条件です。もっと大切なことは、きちんと鐘は、強く突くから大きくひびくのです。ど真ん中を突くことです。しかし、リラックスよりも、誤解を恐れずに言うならば、している例が多いのです。

声を出すときも


声が融け合わないのです

しっかりと声として出せることです。それは同時に、よけいな力を抜いていくことをもたらすものです。ところが、この中心のことを抜か仮に、私がアメリカのプロのバスケットボールの選手になりたかったとしましょう。ルールブックを読んでランニング·シュートとドリブルを練習したからといって、試合に出たらどうなるでしようか。たぶん、プロの選手に体ごと吹き飛ばされるでしょう。

  • 歌ってみましょう
  • 歌手のフォルマントの強調された
  • 声の出やすいところで
2月 8, 2018

タグ: , ,