声質がよく見えなくなるからです

声を口から出すというイメージより硬口蓋前方を狙った方が良く通る

声が高くなるここが狭くなる輪状甲状筋が収縮すると筋と言いますが

本来、人の喉は様々な可能性があったんだと思う。日本人は特に世間を気にするため、強い声や大きくて良く通る声を自分から封印しながら成長しているように感じる。強い声で会話をすると日本では相手に不快感を与える場合があるので、息が流れた細い声や奥にこもった声が日本的な礼儀という形で文化として根付き、今に至ったように思う。だから自分には才能があると思い込んで発声練習し、「上手くなる」ではなく「上手かったあの頃を取り戻す」ように練習すると良いと思う。(リチャード·ミラー研究)ヴォーチェ·ピエーナ(Vocepiena)は、満ち足りた声のことです。

声が重要な鍵になっているという結果が出ているようですね

この声は、ラ·ロッタ·ヴォカーレ(声の闘争)の技術と関連が深いように感じます。めの呼気筋が大切ですが、息を出すことだけに偏ると声が流れてしまい、支えのバランスが少し不安定になると思います。満ち足りた声は偏りや隙間の無い、です。呼気筋で声を出しつつ吸気筋で声を支えることで満ち足りた声になると思います。逆の力の対立で安定した状態を作り上げると良いです。

 

声になります

止めるカは同質、同量で生み出す。何もしない止まったカではなく、逆の力同士で支え合った結果としても”止め”が大切)お金を借り過ぎると返済時の負担が非常に大きくなる。これと同じで、呼吸も息を吸い過ぎると負担が大きくなる。しまい、効率的な呼吸が出来なくなる。息は声に必要な分だけ素早くつかみ取ると良い。

歌がよく聴こえないのです.息を吸うことと息を保存することのために筋肉が不必要に緊張しく上前歯の付け根に声を当てる》良い声を遠くに飛ばすときは、メージすることが大切です。声の焦点を硬口蓋に感じながら声を出すと良いです。声の焦点を硬口蓋に設定し、声を硬口蓋に押し付ける、あるいは硬口蓋を声で持ち上げるようにイ口腔は全体的にやや圧縮し、口腔の前側に狭さを感じると良いです。この狭さが広がってしまうと息が太くなってしまい、声の焦点がぼやけてしまいます。声の焦点を意識するタイミングを逃すと飛ばない声になります。

歌手·アーティストの
声時の負担を全身で受け止めましょう

歌だけに集中するようにしましょう

ペースはできるだけゆっくりとしたスピードで、優雅に泳ぎましょう。クロールでも平泳ぎでも構いません。バタフライは、歌の練習には向かないかもしれません。最初は100mくらいから始めて、休みながら500mも泳げるようになれば十分だと思います楽しらいできるようにしましょう。どんなハードなステージもヘッチャラになると思います。声の新しい遊びとか


歌う場合には

お気に入りのマイクボーカリストにとってマイクといえば、武士の刀、ブルース.リーのヌンチャクみたいなものだと思いますが、冗談ではなくボーカリストにとってマイクはある意味武器なのです。マイクの性能ひとつで、同じ歌が雲泥の差に聞こえてくることもあります。高音がマシンガンのように抜けたり、低音が大砲のようにズ太くなったりと、ずいぶんと違った印象になるものです。マイマイク·なんてものを持って、ライブハウスなどを回るようになり、数々の修羅場をくぐろうものなら、今度はマイ78が戦友のようにさえ思えてくるでしょう。傷やウィンドの変形さえも愛しく思えてきほす。