声を響かせるときは

声がひっくり返らず

声だからではありません

また、人間は解剖学的に身体を認識してコントロールできるわけではないこともよく牙かっています。そのために比喩的な示唆を有効に与えることができるので、生徒は驚くべくスピードで上達していきますこんな理論派の先生なら迷わずついて行っても間違いはありません!!058残念な硬腹圧式発声残発ボイトレで行う発声法にはいろいろありますが、残念だと感じる発声法で多く見られるのがこの硬腹圧式発声というものです。これは僕が作った言葉ですが、お腹を前後に大きく動かすことで、腹圧を急激に上げ、その急激に上げた圧力で声帯に息をぶつけるようにして歌う方法です。歌うとき、腹式呼吸は基本ではあるのですが、お腹を硬くして強い息を声帯にぶつけるような発声はNGです。ただこのよう残念発声でも、初心者にとっては劇的な効果を感じられます。

歌手オーディションで憧れのスターになる。

口の開け方も重要です声道

それまでに比べて声が大きくなった、通るようになったと感じるわけです。しかし、こんな発声を続けていると次第に次のような症状に悩まされるようになっていきます。残念な硬腹圧式発声で起こる10の症状喉が乾きやすくなる声が枯れやすくなる喉に痛みを覚えることが多くなる0音がフラット気味になりだす(ピッチが低めになる)ロングトーンが続かなくなる0音質がこもるようになる(抜けが悪くなる)○歌詞が聴き取りづらくなる。肩こりを感じるようになる○胃腸の調子が悪くなる繊細なフレーズが上手く歌えなくなるこれらはみな過剰な腹部の締め付けによって起こります。実は硬腹圧式発声も腹式呼吸の1つなので完全に間違っているというわけではありません。

 

声のパワーに彼は度胆を抜かれ

単調な練習が、明日の自分の力となっているとかたくなに信じている人、本人はワラをもつかむ思いでやっているのかもしれません。「あなたの心は燃えていますか」「その一所懸命さが、声の中に現われ出てきていますか」自問してみてください。でも、そのとき、0熱気あるライブと発声見してつまらなそうなこと、やっている本人がつまらないこと、そこから大勢の人が感じ入るようなものが生まれてくるはずがない、それが当たり前というものでしょう。レッスンは、そこでステージと違った意味での感動、密度の濃い張りつめた空間と時間、本物の表現が表れていなくてはいけません。トレーナーがいくらよくても、生徒の根気や努力、それによって培われた実力がなくてはなりません。

声は大きく豊かに響いているように聴こえるが本当のレッスンができるようになるまでが大変なことなのです。※「アーアーアー」などのメニュ自体がよいとかよくないとかではありません。要は使いようなのです。ことばで伝える力を磨く根本のところで共通したことがあります。歌うことと話すことのヴォイストレーニングについて述べます。目的も行うことも異なります。声、そのために必要な声をもつということ、それを支える心と体を鍛えることです。

歌詞カードで
不安定で緊迫感のない声の問題なのです

声になります

でもその感覚もいつか消したいところ。最終的に変化させる感触は消え、上手に歌うことは喉にとっては楽な作業といえる。歌える方法のみが喉を正しく育てる。下手に歌うことは喉にとって苦しく痛い作業となる。歌は上手く歌えた方が圧倒的に楽といえる。下手に歌うと下手な喉が育つ。歌以外の楽器を捨てている


声の根本をつかまえておいて

上手に(支えのある声と強弱)支えのあるppで声を出す場合は、息の流れを糸のように感じると良い.さを見つけることが大切。最初から広くして準備することは間違い。ffの場合は太い糸。基本的に支えは細く鋭い声道で成立させる必要がある。口腔や咽頭は狭さから調節し、適切な広(圧死的発声と道徳的情感)·一つ一つの音を優しく包み込むように発声練習をすると、支えの無いぼんやりした声になります。音を握りつぶして圧死させる勢いで練習すると良いです。違った発声指導になります。