声を咽頭上部で圧縮している感覚があると良いです

歌っていれば

歌ってラストサビで一番

高い音で息を止めるなのどが締まって出なくなるというのが、一般的な日本人だと思っています。高い音になるにしたがって、声がカン高く細くなるのです。そのときの息に注意してみてください。息が弱くなり、あるところから少しも吐けていないのではありませんか。これは声よりも息の問題です。外国人は、高いところでも、相当体から息を吐いています。

歌手オーディション会場で未来のスターになろう。

声を良くしません

高いところへいくほど息も出せなくなるからいけないのです。見、ひびかせているだけに見えますが、歌い方を変えるとすぐにもシャウトでき、ことばできるのです。ということは、そこに体と息がついているということです。それに対して、日本人の多くは、高い声をその息でとれません。息を吐けないから体で息とミックスさせた声が出せないのです。

 

歌いましょう

楽器演奏者のビギナーは、楽器を練習しながら同時に耳”も鍛えていくのですが、歌が上手い人はそれがもうできてしまっているということです。ヴォーカリストがギターやピアノを弾ければ、憧れの弾き語り”なんてともできてしまいますね。その可能性を最初から捨てていてはもったいなくて残念です。楽器を捨てていて残念では楽器を捨ててしまっている人が残念になってしまう理由を挙げていきましょう。146楽器を捨てていて残念な例○楽器が弾ける人を見ると、なんか引け目を感じる本当は歌が上手ければ一人のミュージシャンとして自信を持っていいのに、楽器が弾けないために自分は音楽的に素人だと引け目を感じてしまう人がいます。

声に近いと思います@譜面を渡されると、アレルギー的に焦る残念音!楽いつも歌詞カードで歌っていて、譜面に弱い。そのためにリ動ハーサルで譜面を渡されるとパニクッってしまう人がいます。弾き語りなんて自分には絶対無理だと思っている弾き語りにとても憧れているが、最初から楽器は捨てているのでものすごく難易度の高いことをやっていると尻込みしてしまう人も多くいます。0バンドでリハをしても、自分だけ意見が出せないバンドのリハ(リハーサル、練習)のときにみんなでワイワイガヤガヤといろいろなアイディアを出すのも楽しいものです。ですが楽器をやっていないので、歌以外のことがまったく分からず意見が出せない。

声期を過ぎてからが良いと思います
声を出せば認められる

声帯の構造上無理な事なのです

ところが、素人の劇団ですと、劇団員全員の台詞を最後まで、がんばって聴かなくてはわからないというのでは、感動するよりも先に疲れます。※ことばの違う他の国へ行って自分の国のことばで公演するなどということも行なわれています。ことばの壁を破ること、意味のわからない音声言語でも感情を表現したら、体いっぱいで伝えたら、観客には伝わるのです。とはいえ、最近は主役が必ずしもよくなく、ベテランのわき役がしっかりしていることが多い。主役の力不足を音響技術でフォーローできるようになり、知名度優先となったのです。声の中でも音程が変わるごとに


声や呼吸に成功の秘訣があるように思う

今、この劇団員にあたるのは、お笑い芸人かもしれません。○練習とは練習が終わると足腰が立たず、一息つかないとすぐには帰れないほどです。二十分ほど一つの場面での掛け合いをやっても、汗びっしょりになる劇団では汗だくで稽古をしているのです。ことが少なくありません。大変なことをやるから力がつくわけです。練習とはそういうものです。ヴォーカ台詞をしっかりと言うだけでも、心を込め体から声を出すということは大変なことなのです。