声は肩甲骨周りを柔軟にしておくと良いです

声の実験とか

自分をほめる歌うことが苦痛にならないためには達成感を味わおうナ2たメンタルコントロールダメなところを見つけて、そこを直していぐ.....。そういう考え方のトレーニング方法もありますが、これだとどんどん歌うことがつまらなくなって、しまいには苦しくなってしまうんですね。歌うことが苦痛になってしまっては、元も子もありません。もちろん、ダメなところは見過ごしてはいけないんですけど、うまく行った時には自分で自分をほめてあげて、楽しみながらトレーニングするクセを付けましょう。練習して、少しでもうまくできたら「良くやったじゃん」って自分で自分をほめてあげる。

達成感を味わい、気分をアゲていけば、上達も早まるというものですマジメな人ほど、自分が達成感を味わうことを許せなかったりしますもっと気楽に考え、自分を大事にしながらトレーニングを続けましょう。ダメなところより良いところを見るやる気を出すにはあえて良い面をクローズアップするこのコップを見てどう思う?よく心理学の話で出てきますが、半分水が入ったコップを見たときに、「ああもうメンタルコントロール対して、悲観的に見ることもできれば、楽観的に見ることもできるという良い実例ですね。このような世界とのかかわり方”の違いが、上達にも影響を与えるとしたらどぅでしょう?例えば録音した自分の歌を聞いた時に、「これじゃ全然ダメだ~」って落ち込んでしまうのか、それとも「ここ良いじゃん!」と思ってそこを伸ばすことができるのか。ダメなところは当然目に付くし、人にもよく指摘されるはずです。だから目立ちやすいわけですが、あえて良い側面を見てやる気を出すように自分を訓練してみましょう。

声を出すときは


声を響かせるときは

最初から脱力やリラックスをすると、発声は偏ったり崩れたりする。脱力やリラックスは結果的な感覚。カを抜く”感覚”が重要であり、カそのものを抜くことではない。喉を開けることも結果的な感覚なので、最初の内は喉を開けない方が良い発声の基礎作りになる。喉頭周辺の筋肉”や息が流れ出ないように圧力を我慢する筋肉”が必要。

声帯の振動を空気に伝えるわけでまさに自分の体が楽器になるのです

この我慢する筋肉は、力みからスタートして少しずつ全身にか配して楽な感覚”にすると良い。まとめく支えのある声や呼吸のポイント〉·声を上前歯の付け根に当てるようにして歌いましょう。声を口から出すというイメージより硬口蓋前方を狙った方が良く通る声になります。良く通る声を出すためには、上前歯の付け根に「点」をイメージしてそこに当てるように声を出すと良いです。このときの舌先は、下前歯の裏に軽く付けておきます。


声の初心者です

声時にも使い続けることが大切です

歌はスポーツのように体力を使うので、練習後はかなり疲れます。帰るときに全身に疲労感があれば良い練習だったといえます。現代音楽には調性の無い音楽、あるいは部分的な無調作品が多くあります。良い発声練習のためには調性が必要なため、無調の作に取り組む前は基本的な発声がある程度出来ている必要があります。特に、初心者の方が無調音楽に取り組むと癖のある発声になる場合があります。

声しかできなくなります


歌いたいという気持ちを大切に持ち

ドレドシド、のような発声練習をする時は、を作りやすくなります。C.Dm.F.G.Cのような和音のイメージも大切です。一つの音だけでなく和音を意識しながら発声練習すると合わせのときにハーモニードーレードー、で発声練習をするときは音の上下だけでなくドミナントモーションを意識すると良いです。単音の上向下向と和音の進行をイメージすることが歌うときに役立ちます。·歌うときの声は顔から出ていると思った方が良いです。

  • 声楽家やヴォーカリストを使っているケースが多いです
  • 歌うようにします
  • 声の問題を解決する場と時間を別に取っておくのです