声の焦点を探すと良いです

歌ってごらん

ストレッチをしている間は深呼吸をゆっくりと。肩、肩甲骨を柔らかく声に生気が無くなったら血行を促進しよう肩の上下ストレッチ肩を上げて20秒キープ肩をゆっくり下ろす声に効くストレッチ肩回しひじを肩の高さにして腕を開く後ろから前、前から後ろに肩を回す肩のストレッチ肩のストレッチを行うと、血行が良くなり肩凝りにも効果があります肩凝りはほおっておくと首全体、喉頭全体の緊張にもつながってしまうのでボーカリストには禁物です。ぜひ試してみましょう。ここでは、肩や肩甲骨の周りの筋肉をほぐすストレッチを紹介しますまず1つめのストレッチは、肩の上下ストレッチです。肩を上に上げて、20秒くらし、その位置をキープします。それから、肩をゆっくり下ろしましょう。血管を収縮させて開く効果があります。

声に説得力が出ないし
これを3回行うだけで、かなり血行が良くなるはずですよ。それからもう1つは、いわゆる肩回しですね。ひじが肩の高さになるように腕を開いて、後ろから前、前から後ろへと肩を回しましょう。きちんとひじを上げて、肩甲骨が動くように回すのがポイントです。これは前後10回ずつ行いましょう。

 

歌では中音域くらいです

残念なカラオケから、良いカラオケに変わるためには何を”歌うのかがとても大切です。この選曲センスには2つの意味があります。つは自分のキャラクターを活かす意味でのセンス。もう1つは同席している人を楽しませるための選曲センス。2つ目はエンターテインメント·センスと言ってもいいかもしれません。それでは、それぞれの残念なパターンとその克服法を見ていきましょう。
歌っているところを録音して聞いてみて

たいした歌えません

○自分のキャラを活かすための選曲が残念○自分の声質に合っていない選曲声質と楽曲がマッチしていない人は残念ですね。例えばハスキーボイスの女性なのに、今井美樹さんなどのクリアボイス系の歌を歌われても違和感があります。こういう人の場合は、やはりソウル系とかジャズ系などの歌がしっくりくると思います。男性で中低音が魅力的な声質なのにヘビメタというのも無理があります。自分の好きな曲を歌いたい気持ちは分かりますが、音域や声のトーンが自分と似ているアーティストの曲を選ぶのが基本で082す。

 

声量が必要です

基本の歌唱では「タメ」気味で歌唱するべきだがバラードの様にリズムが遅めの曲では、ほんの少し(気持ね)前ノリで歌唱すると高評価が出るようだ。おすすめのマル秘作戦。採点が80点代の方が90点代にするにはこのリズムの攻略が比較的早道だ。さてラストは【裏加点】の解説だ。実は解説した5つの攻略プラス【裏加点】というものが精密採点DXには存在する。実は声には周波数というものがある。

歌うのが大好きな人もいれば精密採点DXでは声が高周波だと「いい声」だと認識され1~3点位加点されるようだ。私は実際に聴くと良い声とは思わないが。ものすごく簡単に言うと裏加点のポイントはキンキンした声ということだ。でもそう簡単には声質を変えられないよね。実は簡単にこの【裏加点】が入る方法がある。