声でそのまま

声を出そうとしか考えていない人が多いものです

コツはこのアウターマッスルの力を抜いて、インナーマッスルを使うことです。この喉頭のアウターマッスルは目で見ても、その動きを感じることができます。歌った時に、喉頭がものすごく上下する、のど周りがはっきりと筋張ってしまう。見るからに喉頭が内側に締め付けられているのが分かり、苦しそう。こんな症状を見たら、アウターマッスルを必要以上に使いすぎている証拠です。

声を出すことになります
これでは、実際に声を出すためのインナーマッスルの調節機能が邪魔されてしまいます。思ったように歌えないのは当然ですね。チェックポイント9~高い声は強くしないと出せないセルフチェック喉頭の位置がものすごく変化するのは、アウタ-マ·ソスルの使いすぎこうなってしまう理由の1つに、息が強すぎるということがあります。「また、息の強さが原因か……」と思うかもしれませんが、そうなのです。息が強すぎるということが、歌唱テクニックにとってどんなに大問題かということを肝に銘じましょう。

 

声方法であれば

意識しなくても良い姿勢になるように「良い姿勢の癖」をつけると良いです。良い姿勢は「体幹(体の内側の筋肉)」と「下半身(太もも、足の裏)」から作ることが大切です。体幹と下半身を安定させて、発声時の負担を全身で受け止めましょう。また、良い姿勢の維持は抗重力筋を意識します。抗重力筋は重力に対抗して姿勢を維持する筋肉です。
声のためのメイン機能ではなくサポート機能といえます

声とブレスに大きく関わっています

おもに、背中,首すじ、太ももの筋肉や腹直筋が、その役割を担っています背中や足腰の筋肉の安定が良い姿勢になります。また、良い姿勢は安定的な呼吸に必要です。く姿勢のポイント〉《足の裏》そして両足の内側中央に重心を集めるように立ちます。良い声を出すためには、力が外:良い姿勢は足の裏から作ります。足を肩幅に開き、太ももの内側と足の裏の内側を意識します。

 

声になってしまうので

声を力ませないように、全身でバランス良く負担を分配させて受け止めながら歌うことが大切です。その偏りや不良い姿勢の維持は抗重力筋を使います。そのため歌っている途中は身動きが出来ない感覚があると良いです。身動きをするたびに声の最適な支え合いによる響きの要素”は逃げてしまうことになります。ポップスの場合は身動きも有効ですが、クラシックの場合は適切な制限が必要です。

声楽科の学生は声を響かせている間は、動かないというより動けない、あるいは動きにくい感覚が少しあると良いです。·歌う時の姿勢は、体幹と抗重力筋を意識します。体の内側から体を支え、外側は比較的柔軟に保つと良いです。胸郭や腹部、背中を固めない柔軟さが呼吸の深さとなります。姿勢は初期設定の段階で良くする必要があります。